ストーカー対策ナビ TOP >> 対策 >> 警察

警察

それでは、いよいよストーカーへの対策についてお話していきたいと思います。ストーカー被害に遭っていると感じたら、まずは警察に被害届を出しましょう。警察に被害届を出す場合は、取り乱さず、ストーカー被害に遭った時の詳しい日時や、物的証拠が残っていればそれを持っていくことも大切です。

シビアな話にはなりますが、警察も24時間多方面から被害届が来る為、詳細や証拠が残っていない限り迅速な対応は望み薄と考えても良いでしょう。ただし、詳細と証拠が揃い、事件性が強いと判断された場合、警察はすぐにでも動き出すことでしょう。

被害届を出す時は、なるべく『どれほどストーカー被害の状態が酷いのか』『命への危険性は考えられるのか』という点に的を絞り、ストーカー規制法のどこに引っかかっているのかも把握した上で届け出ると良いでしょう。

恐怖心を剥き出しにしてただただ感情的に被害届を出したとしても、内容が不十分であったり、『ストーカー行為自体本人の妄想だ』と判断されると、警察に判断された場合は残念ながら対応してもらえません。

このようなことがあると警察批判をする人も居ますが、基本的に自分の安全を守るのは自分です。警察は、あくまでその補助をしてくれるものだと考えて下さい。冷静になって被害を申告し、証拠を揃えて持っていくことこそが、『どうしても助かりたい』と願う人間のするべき対応と言えます。


ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/